2021-01-31

雇用調整助成金 3月末まで延長


雇用調整助成金とは

コロナの影響で事業活動の縮小を余儀なくされた場合に、従業員の雇用の維持を図るため、労使間の協定に基づき、休業等を行う事業者に対し、休業手当などの一部を助成する制度です。

現在、コロナ対策のため、特例措置として助成率と上限額引き上げが行われています。

【上限】
1人1日15,000円
【助成率】
最大10/10

緊急事態宣言を受け、雇用調整助成金の特例措置が延長されます。

【従来】
2月末まで
【延長後】
3月末まで

報道によると、緊急事態宣言が長引けば、特例措置の期限も4月末以降まで延びるとされています。
1/22 時事ドットコムニュースより

 

助成率等

 

企業規模や雇用の維持の有無で助成率が変わります。

【大企業 雇用維持あり】助成率3/4
【大企業 それ以外】助成率2/3
【中小企業 雇用維持あり】助成率10/10
【中小企業 それ以外】助成率4/5

 

以下の条件をすべて満たす事業者が対象

 

1.コロナの影響で経営環境が悪化し、事業活動が縮小
2.最近1か月の売上が前年同月比5%以上減少
3.協定に基づき休業等を実施し手当てを払っている

助成金情報は投稿データ作成時点での情報をもとに作成しています。
必ず最新の情報や公募要領、手引き等を確認してください。



こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談を!