2021-01-18

持続化補助金一般型 加点のポイント ザックリ解説


補助金はそれぞれ、記載すべき内容が定められています。

その内容について、しっかり書いてあると、点数が加えられます。

点数が高いほど採択率が上がります。

持続化補助金一般型の加点ポイントは次の4点です。

 

1.経営状況分析の妥当性
2.経営方針・目標と今後のプランの妥当性
3.補助事業計画の有効性
4.積算の透明・適切性

 

経営状況分析の妥当性とは、自社の商品・サービスや自社自体の強みを把握できているかどうかです。

 

経営方針・目標と今後のプランの適切性とは、自社の強みを踏まえているか、対象とする市場や商圏の特性を踏まえているかどうか
です。

 

補助計画の有効性とは、無理なく実施できるか、方針や目標達成に役立つか、創意工夫があるか、ITを活用しているかです。

 

積算の透明・適切性とは、無駄な経費がないか、根拠をもって経費の計算をしているか、です。

 

採択されるためには、出来るだけ多くの加点をとり、有効な計画だと認めてもらうことが大切です。

加点の取りこぼしに注意しましょう。

 

補助金情報は投稿時点での情報をもとに作成しています。
必ず最新の情報や公募要領、手引き等を確認してください。



こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談を!