2021-02-02

本当に役立つ3C分析とは


3C分析は、
Customer(顧客)
Competitor(競合)
Company(自社)
の3者を分析して、今後の経営戦略策定に活かすフレームワークです。

このフレームワークを使いこなせると、今後の成長のために何をすべきかをハッキリ見定めることができます。
事業計画や補助金申請時の計画書作成にも使いやすいフレームワークです。
ただしコツがあります。

コツはマクロも見ること。
Customer(顧客)やCompetitor(競合)を考える時、つい目に見える範囲についてだけ考えがちです。
例えば来店してくれる顧客だったり、近隣のライバル店だったり。

目に見える範囲=ミクロ環境ももちろん大事。
でも、市場全体がどう変化しているか、業界全体の推移はどうかなど、マクロ環境にも目を配る必要があります。

目の前の顧客と市場全体の変化、近隣のライバルと業界全体の推移。
ミクロとマクロ、双方の変化を見ることで、成長のカギが見えてきます。

ミクロ環境は、普段の経営を通して日々実感することが出来ます。
しかし、マクロ環境は意識的な情報収集が必要です。
経済誌や業界紙、統計情報や白書などを通じて、情報を集めましょう。

集めた情報は、マトリクスを用いて整理すると、いっそう分かりやすいですよ。

 



こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談を!