2021-02-24

事業再構築補助金 補助対象経費と対象外経費


事業再構築補助金は、基本的に設備投資を支援する補助金です。
従来の補助金にない対象経費として、建物費があげられます。

建物費は、建物の建築・改修にかかる経費や建物の撤去にあたる経費、設備費、システム購入費などが体操とされています。
建物の建築が対象となるのは珍しく、貴重な機会といえます。

製品開発に要する加工、設計等の外注費、知的財産権導入にかかる技術導入費、研修費、広告宣伝費、販売促進費、リース費、クラウドサービス費、専門家経費なども対象例として挙げられています。
事業再構築補助金の主要経費は建物費となっており、それ以外の費用は関連経費とされています。
関連経費には上限が設けられる予定です。

以下の費用は対象外となっています。
対象外経費は補助されませんので、申請する計画書に対象外経費が入っていないか注意しましょう。

人件費・旅費・不動産・株式・公道を走る車両・パソコンやスマホ、家具などの汎用品、商品の原材料、消耗品、光熱水費、通信費など。

補助金情報は投稿データ作成時点での情報をもとに作成しています。
必ず最新の情報や公募要領、手引き等を確認してください。



こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談を!