売り込まなくても自然にお客さんが集まる地元一番の繁盛店になる仕組みをアドバイス。ご相談は今すぐ、中小企業診断士がいる天心堂L&Cコンサルティングへ。TEL:0944-32-9265
2019-04-27

小手先経営じゃダメだってば!


売上を上げたいなら全体を見なくっちゃ!

 

こんにちは。

天心堂L&Cコンサルティングの梅崎です。

 

売上を上げたい。

お客さんを増やしたい。

その気持ち、痛いほど分かります。

私自身そうでしたから。

 

でもね、いや、だからこそ、小手先経営に陥っている方を見ると悔しくなるんです。

昔の自分を見るようで。


家業の経営立て直しに乗り出したころ、私はとにかく売上が欲しかったんです。

年々減っていく売上、だんだん少なくなる客数。

数字を見ると凋落は明らか。

 

このままで大丈夫だろうか?

生活していけるだろうか?

店を続けられるだろうか?

焦りは募るばかりでして。

 

とにかくすぐにでも何かやり始めなきゃ。

お客さんを集める手を打たなきゃ!

 

で、よく考えもせず、チラシをまいて大やけど。

広告うって大失敗。

フリーペーパーは大爆死。

 

客数減に焦って、短絡的にいろんなツールに手を出していました。

よく考えもせず、とりあえず目についたことばかりをやって、ただでさえ減っている利益を食いつぶし、残ったのは悔しさだけ。

まさに小手先でした。

 

「小手先」というのは、その場しのぎで将来を見通した深い考えがないこと

当時の私がまさにそう。

減り続ける客数と売り上げに焦り、よく考えもせずに行動していました。

 

あの時の自分自身にコンサルティングするなら、きっとこう言ってました。

 

「ちょっと待って。

まるで準備が出来ていないよ。

 

まずお客さんをよく観察して、お客さんの声を集めよう。

常連さんがなぜ自店を選んでくれてるのか、ちゃんと考えた?

このチラシには常連さんが来店してくれる理由、つまり自店の価値が全然書いて無いよ?

 

いや、その前に、ビジネス全体を見てるかい?

リピート率を調べてる?

たった30%しかないのに、チラシをまいてもコストが回収できないよ?

 

客数が減ってる理由も把握してるかい?

カルテを100人分持っておいで。

来なくなってるお客さんに共通点があるでしょ?

そこに手を打っとかないと、新規集客してもダダ洩れになるよ。」

 

それからこうも言ったと思います。

 

「いいかい。

ビジネスは“全体”が大切だよ。

 

新しいお客さんに来てもらう。

そのお客さんにリピートしてもらう。

そして自店のファンにして、よそに取られないようにしっかり守る。

その仕組み全体を作ることが大事なんだよ。

 

なのに新規集客だけしか考えないのは、家じゅう雨漏りして柱も腐りかけてるのに、家の玄関だけリフォームするのと同じ。

それじゃ住み心地は良くならないよね。」

きっとこんなことを言ったでしょうね。

 

経営者の仕事は考えることです。

 

1.ビジネスの全体を考える。

2.ビジネス全体の中で、ネックになっているところを考える。

3.ネックになっている原因を考える。

4.原因に対応した改善策を考える。

5.優先順位を考える。

6.そして、行動する。

 

成果に繋がるのは、考え抜かれた正しい行動だけです。

短絡的な浅い考えの小手先経営では大切な利益を失うばかり。

ビジネスの全体像を眺めて、今本当に打つべき手を選んでくださいね。

 

もし一人で考えるのが大変なら、無料相談を利用してください。

きっとヒントが見つかりますよ。

無料相談はこちらから

 

■繁盛店になるためのまとめ

1.経営者の仕事は考えること

2.成果に繋がるのは考え抜かれた正しい行動だけ

3.ビジネスの全体像を見渡そう

 

あなたのお店が繁盛店になることを願っています。

いつでもご相談下さいね!

応援していますよ!


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談を!